お腹周りダイエットでスタイル美人

MENU

お腹周りにお肉が付きやすいのはなぜ!?

「最近太ってきたな」と感じる瞬間はどんな時ですか? 
「いつも着ている服のウエスト周りがきつくなってきた」「お腹が出てきた」などお腹周りのお肉が気になってダイエットを決意する人は多いですよね。

 

このサイトでは、なぜお腹周りにお肉が付きやすいのかという原因を解明して、お腹周りのお肉をより効果的に落とすことが出来るダイエット方法を紹介します。

 

特に、年を重ねることに気になってくるお腹周りのお肉は贅肉の代名詞です。
お腹周りがぼてっとしているだけで女性としての格ががた落ちしてしまいます。
お腹周りの贅肉と言えば何を連想しますか!?
「おばちゃん」、「生活臭」などなど。
美容面においても、健康面においてもいい事なんて全くないです。

 

建築会社から転職

 

お腹周りのお肉がすっきりするだけで想像以上に若く綺麗に見られるものです。
これまで諦めていた人も、見て見ぬフリをしていた人も、ここでもう一度自分の体型を見つめなおして女性としての再スタートをきりましょう!

 

 

内臓を守るため

みなさんご存知の通り、お腹の中にはたくさんの臓器がありますが、お腹周りにはその臓器を保護する骨がなんです。
そこで、臓器を守るために脂肪があるんです。
つまり本来、お腹周りの脂肪はあるべきものなんですね。
問題は脂肪が過剰につきすぎることにあります。
お腹周りの筋肉が衰えると、脂肪がつきやすくなってしまうのです。

 

腹筋は意識しないと使わない

足や手の筋肉と違ってお腹周りの筋肉は意識しないと普段使わないので衰えやすいんです。
若い頃は自然と運動する機会が多いので引き締まっているのですが、年を取るにつれて運動量が減っていきお腹周りの筋肉も使わなくなっていきます。
すると当然、筋力は衰え、少なくなってしまった筋肉に変わって脂肪がついてしまうんです。

 

 

代謝が落ちる

年齢を重ねるにつれて基礎代謝が落ちていくので摂取したカロリーが脂肪として蓄積されやすくなるんです。
言い換えれば、若い頃はどれだけ食べてもカロリーが燃焼されて脂肪にならないのですが、年を取ると食べれば食べた分だけそのカロリーが脂肪として蓄えられてしまうんです。
脂肪には、内臓周りを覆う内臓脂肪とお腹周りにつく皮下脂肪の2種類ありますが、一般的に、男性は内臓脂肪がつきやすく、女性は皮下脂肪がつきやすいと言われています。
代謝が悪くなるということは、脂肪がつきやすいだけでなく、一度ついた脂肪が落ちにくくもなります。

 

胃下垂

胃下垂とは、通常よりも胃が下のほうに垂れ下がっていることを言います。
一般的には、痩せている人や背の高い人に胃下垂が多いようです。
胃下垂の原因として、脂肪や筋肉の力が通常よりも少ないためにおこると言われています。
胃が下のほうにあるため、食べると赤ちゃんのように下っ腹がぽっこりと出てしまいます。
また、胃下垂が原因が脂肪がつきやすくなるとも言われています。

 

営業から金融事務 転職理由

更新履歴